【ハワイ】エアアジア・子連れ搭乗記①(関空発→ホノルル便)19:50に関空到着

エアアジア ハワイ 関空発




家族3人(夫・もうすぐ6歳娘・私)で弾丸ハワイ旅行をしてきました。

家族で、「初LCC」「初エアアジア航空」の搭乗でした。

エアアジア・ハワイ便は、とても快適でよかったです!

今回利用した便・エアアジアD7

【往路】関空国際空港発 23:25 → ホノルル着 12:30

【復路】ホノルル発 16:00 → 関空国際空港着 20:25

エアアジアのチェックイン時間

「出発3時間前の20:25」よりチェックイン手続きが開始されます。

ハワイ便 エアアジア

ホノルル行きのエアアジアは、ウェブチェックインができないため、行列ができると聞いていたので、早めにチェックインカウンターに向かいました。

19:50

チェックインカウンターに到着。

すでに、15組くらい並んでいました。

エアアジア チェックイン 関空 ホノルル行き
20:25頃

フライト3時間前の20:25ごろ、チェックインカウンターがオープン。

今回オープンしていたチェックインカウンターは、全部で7箇所。
(プレミアムシート2箇所、スタンダードシート(エコノミー)5箇所)

エアアジア チェックイン 関空 ホノルル行き
20:30

私たちはスタンダードシートの予約です。

窓口が5箇所あったので、受付が開始されてから10分くらいで順番がきました。

列に並び始めた19:50からは、40分待ちました。



受託手荷物(預け荷物)の計量

今回は、家族3人でスーツケース2個です。(17kgと14kgで無事クリア!)

エアアジア チェックイン 関空 ホノルル行き

受託手荷物の制限

エアアジア・ハワイ便D7

重量・・・20kgまで
サイズ・・81×119×119
(もしくは、3辺の和が319cm以内)
個数・・・1個または2個

受託手荷物(預け荷物)の料金

受託手荷物の料金は、予約時が1番安く、予約後からは高くなります。

また、1人2個(各20kg)まで預けれるため、家族でスーツケース2個の場合は、2人に1個づつではなく、1人に2個と計算して申し込んだ方が安くなります。

受託手荷物(預け荷物)最初の予約時料金
受託手荷物(20kgまで)1つ3,500円
受託手荷物(20kgまで)2つ6,300円
受託手荷物(預け荷物)最初の予約後料金
受託手荷物(20kgまで)1つ4,000円
受託手荷物(20kgまで)2つ7,600円
受託手荷物 空港カウンター料金
空港のチェックインカウンターで預ける受託手荷物(20kgまで)1つ12,300円

機内持込荷物の計量

受託手荷物の後は、機内持ち込み荷物の計量です。

エアアジア チェックイン 関空 ホノルル行き

機内持ち込み手荷物の制限

キャビンバッグ1個➕小さなバッグ(PC用バッグ・ハンドバッグ)1個=7kgまで

キャビンバッグは、座席上の共用収納棚に収納ができるものに限る。
(各辺の長さが56㎝(高さ) x 36㎝(長さ) x 23㎝(奥行)以内のものに限る)

小さなバッグは、前の座席の下に収納ができるものに限る。
(各辺の長さが40㎝(高さ) x 30㎝(長さ) x 10㎝(奥行)以内のものに限る。)

「機内持ち込みの荷物3人分を計量するので、全て計量器に乗せてください」と言われました。

1人7kgまで×3人=21kg、が重量制限です。クリアしますように。。。

(子供のキャリーケース、夫リュック、夫バッグ、私リュック、私バッグで個数は5個だったので、5個をすべて一緒に計量しました。)

20,4kg!!! ギリギリセーフでした!!!

エアアジア チェックイン 関空 ホノルル行き

受託手荷物(預け荷物)、機内持ち込み荷物とも、1kgでもオーバーすると高額な超過料金がかかります。

電子機器(ノートパソコン、タブレット2個、モバイルバッテリー、デジカメ、ムービー)が重かったです。

無事手荷物の重量7kg制限をクリアして、チェックインが終わったのは、20:35頃でした。

ホッとしたところで、この後、ご飯を食べに行きました。

20:35

20:35頃チェックイン手続き終了

機内食を注文していないため、夕食を食べました

食事が終わって、セキュリティー検査 → 出国審査 → ウィングシャトルで搭乗口まで移動



子供は、搭乗前に歯磨きを!

22:00

搭乗口に到着

子供の歯磨き済ませる

搭乗口に着くと、すぐに子供の歯磨きを済ませました。機内で子供の歯磨きはむずかしいので、先にしておいて良かったです。

エアアジア 搭乗前

子供が手にしているのは、折りたたみコップです。

空港での歯磨きや、宿泊先のホテルもコップがなかったので、便利でした。

便利 折りたたみコップ

ホノルル行きは、機内食を注文してないので、搭乗すればあとは寝るだけです。

日本時間の早朝に着くため、1日目のハワイを有効に過ごすには、寝不足にならないように、いかに機内で寝ることができるかがポイントです!

搭乗開始は思ったより早かった

22:25

優先の方から搭乗開始のアナウンス

出発時刻の1時間前から搭乗開始は、「えっ、もう搭乗開始するの?」と思ったより早く感じました。

エアアジア 搭乗開始

エアアジアの機内の紹介

エアアジアホノルル便の座席の料金

エアアジアの座席料金は、次のとおりです。

注意点としては、機内食と同じように、予約時と予約時以降では、料金が変わる事です。

エアアジア 座席

クリックで拡大します

座席指定(新規予約と同時)料金
標準座席(35 DFG / 36 ~ 43 / 44 ~ 51 DFG列)1,749円
標準座席(24~35列)1,799円
標準座席(16 HJK / 17 DFGHJK / 18 ~ 24列)1,849円
ツインシート(44 ~ 51 ACHK列)1,899円
クワイエットゾーン標準座席(8~14列)2,999円
ホットシート(34 DFG / 35 ABCHJK列)5,899円
ホットシート(15 HJK / 16 DFG / 17 ABC列)6,399円
ホットシート クワイエットゾーン(7列)6,899円
座席指定(予約後のWebで追加)料金
標準座席(35 DFG / 36 ~ 43 / 44 ~ 51 DFG列)1,929円
標準座席(24~35列)1,979円
標準座席(16 HJK / 17 DFGHJK / 18 ~ 24列)2,029円
ツインシート(44 ~ 51 ACHK列)2,089円
クワイエットゾーン標準座席(8~14列)3,299円
ホットシート(34 DFG / 35 ABCHJK列)6,489円
ホットシート(15 HJK / 16 DFG / 17 ABC列)7,039円
ホットシート クワイエットゾーン(7列)7,589円
座席指定(空港カウンター)料金
標準座席(35 DFG / 36 ~ 43 / 44 ~ 51 DFG列)2,200円
標準座席(24~35列)2,200円
標準座席(16 HJK / 17 DFGHJK / 18 ~ 24列)2,200円
ツインシート(44 ~ 51 ACHK列)2,200円
クワイエットゾーン標準座席(8~14列)3,500円
ホットシート(34 DFG / 35 ABCHJK列)7,000円
ホットシート(15 HJK / 16 DFG / 17 ABC列)7,400円
ホットシート クワイエットゾーン(7列)8,000円
シティバンク フラットベッド アップグレード14,000円
エアポート フラットベッド アップグレード39,000円

エアアジアホノルル便の座席の様子

ホノルル行きは、36番(ABC) を予約しました。

トイレに近いのは騒がしいかなと思いましたが、それほど気になりませんでした。

けれども、通路側の夫は、トイレ付近が明るいため、あまり寝る事ができなかったと言ってました。

エアアジア 機内

足元の様子です。

私は身長162センチくらいですが、それほど狭いと感じることはなかったです。

身長173センチの夫も足元は狭く感じなかったと言っていました。

ただ、座席の横幅が狭いと言っていたので、家族以外の人が横に来ると、気を使い窮屈に感じるかもしれません。

写真も、夫の足がでていますよね。。。

エアアジア 機内 座席

子供は窓側の座席で、足置きを利用しました。娘は身長120センチくらいです。

ホノルル行きはほとんど寝ていますので、この足置きでフラットにでき本当に良かったです。

エアアジア 機内 足置き

空気入れが2箇所あるので、高さを調整することができます。

今回は2箇所とも空気を入れて使いました。

機内 足置き クッション

頭のクッションを、上に上げることもできます。

エアアジア 機内 座席 様子

エアアジアの機内温度

エアアジア 機内 温度
エアアジアの機内は寒いと聞いたことがあったので、パーカーやスパッツ、レッグウォーマーなど、用意していきましたが、25度で寒くも暑くもなく、ちょうど良かったです。

ただ、夫は通路側の席でしたが、どこからか風がスースーきて、足元が寒かったようです。

なので、夫は4枚ぐらい重ね着をして寝てました。。。

座る場所によって体感温度が違うようですね。

(ちなみに、写真の温度計は100円ショップでの購入品です。)



エアアジアで機内販売のドリンクを注文

日本時間午前5:30(ハワイ時間午前10:30)

機内の明かりがつき、子供が目を覚しました。

到着まであと2時間くらいあります。

朝5:30くらいなので、ごはんは要らないのですが、夫は通路側のスースー風で冷えたそうで、温かい紅茶を、私もコーヒーが飲みたくなり、機内販売を注文しました。

紅茶、コーヒー共それぞれ2ドルでした。

帰りの機内販売で使えるお金は、「ドル、日本円、マレーシアドル」が使えるとアナウンスしていましたが、行きは「ドルだけ」しかアナウンスしてなかったように思います。

対応してくれたCAさんは、日本語OKでした。

お釣りがないと言われては困るので、小さい額のドルを用意したほうがいいかも知れないです。

機内 ドリンク 注文 エアアジア エアアジア 機内販売 ドリンク

家族3人分のパスポート、スーツケース予備の鍵、ドル札などを入れることができるこのパスポートケースは役に立ちました!

家族用 パスポートケース入れ 家族用 パスポートケース入れ

ホノルルより帰国する便では、機内食を注文しました。帰国便の記事に機内食をレビューしています。

エアアジア ハワイ発 関空行き

【ハワイ】エアアジア・子連れ搭乗記②(ホノルル→関空)注意点・機内食など帰国便をレビュー!

2019年7月22日

子供に、「もうすぐ着く?」聞かれ、「あと2時間くらいよ」と伝えると・・・

エアアジア 機内 子供 タブレット

お水を少し飲んだだけで、到着までタブレットを見ていました。

「ダニエル・k・イノウエ空港(ホノルル空港)」着陸 → 入国審査 → 税関

日本時間午前7:20(ハワイ時間午後12:20)

無事「ダニエル・k・イノウエ空港」に着陸しました。

予定より10分くらい早い着陸でした。
定刻出発、定刻到着、とてもありがたいです。

飛行機から降りて、「immigration(入国審査)」には、バスで向かいました。乗車時間は2〜3分くらいでした。

ホノルル着 アライバル シャトルバス ホノルル空港 シャトルバス ホノルル空港

エアアジアの到着は、他の便と時間が重なっていないように思います。入国審査を待つ列は、少なかったです。

それに、ホノルル空港では2015年6月より、自動入国審査端末「キオスク」(APC)という機器が利用できるようになっていて(子連れは利用できませんでした。キオスク利用には条件があるようです)、「入国審査」はとてもスムーズでした。

「入国審査」は、家族単位でしてくれます。3人分のパスポートを提出。

「手の指紋採取」と「写真撮影」が行われます。

片言の日本語で、「右手4本〜」「親指〜」「足の指〜」

(最後の「足の指〜」は、夫の鉄板ギャグです。笑わないでおこうと思いながら、毎回笑ってしまう。。。)

入国審査が終わり、スーツケースをピックアップし、税関を通れば、外はもうハワイです!!!

お疲れ様でした!

ホテルには、チャーリーズタクシーを利用しました。

そのときの様子はicon-hand-o-downこちらです。

ホノルル空港 チャーリーズタクシー

【ハワイ】チャーリーズタクシーの予約方法・料金・感想(空港送迎往復・アウラニからワイキキ)

2019年7月24日

エアアジア・「関空発→ホノルル行き」便 まとめ

今回のハワイ旅行、子連れ、初めてのLCC、初めてのエアアジアの利用でした。

機内サービスが選べるというのは、子連れには準備が大変なこともありましたが、余計なものは要らないので、いいなあと思いました。

特に、ホノルルに向かう便は、深夜に機内食は要らないと毎回思っていたので、機内サービスが選べるのはとても魅力です。

そして、エアアジアD7ホノルル行きは、関西国際空港から23:25に出発して、8時間くらいのフライトで、寝ている間に現地に着くのも、1日目のハワイを有効に過ごせてとてもいいなあと思いました。

帰りの「ホノルル→関西」便を、レビューしています。icon-hand-o-downこちらです。

エアアジア ハワイ発 関空行き

【ハワイ】エアアジア・子連れ搭乗記②(ホノルル→関空)注意点・機内食など帰国便をレビュー!

2019年7月22日
スポンサーリンク