ハイキング登山必需品 サーモス【山専用ボトル】であつあつカップ麺が直ぐに食べれる!

サーモス 山専用ステンレスボトル

家族3人(夫、7歳娘、私)でハイキングに行くことになりました。

昼食はどうしてもカップ麺を食べたかったので、お湯の準備をどうしようかと考えていたところ、「好日山荘」で高い保温力のあるサーモスの「山専用ボトル」を見つけました!

山でカップ麺を食べるのには、「登山用ガスバーナでお湯を沸かす」しかないと思っていたのですが、登山用のガスバーナーは、風のあるところではお湯を沸かすのに案外時間がかかったり、ケトルやお水を背負うのはちょっと大変だなあと以前の経験を思い出し、サーモスの「山専用ボトル750ml」を購入しました。

山専用ボトルのおかげで、寒い山中で、アッツアツのカップ麺を直ぐに食べることができ、子供も大喜びでした。

「高い保温力!」「軽量!」「デザインがいい!」サーモスの「山専用ボトル」を紹介します!

サーモス「山専用ボトル」のここがスゴイ!

ここがスゴイ!!!

【サーモス山専用ボトル500ml・750ml・900ml】
・高い保温性(保温保冷両用)
・軽量設計
・マットな色合いのデザインがいい
・持ちやすい

サーモス 山専用ボトル

高い保温性

 保温効力
(6時間)
保冷効力
(6時間)
ステンレスボトル
500ml
77℃以上10℃以下
ステンレスボトル
750ml
78℃以上10℃以下
ステンレスボトル
900ml
80℃以上9℃以下

軽量設計

 軽量設計
ホディリング
ソコカバー
取り外し時
ステンレスボトル
500ml
約280g約260g
ステンレスボトル
750ml
約360g約330g
ステンレスボトル
900ml
約390g約360g

こちらのように、ボディリングとソコカバーを取り外すことができます。

サーモス 山専用ボトル シリコン外す

大きさ

 本体の寸歩
(幅×奥行×高さ)
ステンレスボトル
500ml
7㎝×7㎝×23.5㎝
ステンレスボトル
750ml
8㎝×8㎝×26㎝
ステンレスボトル
900ml
8㎝×8㎝×30㎝

デザインがいい

マットブラック(左)や、サンドベージュ(右)は、光沢がなくマットな感じがおしゃれです。

持ちやすい

サーモス 山専用ボトル

・「ノンスリップコップ」は、回しやすく、リュックから取り出しやすいです。

サーモス 山専用ボトル 750ml

・「ボディリング」があると、注ぎやすいです。

サーモス 山専用ボトル 750ml



サーモス「山専用ボトル」商品ラインナップ

500ml左から、マットブラック、サンドベージュ、クリアステンレス
750ml左から、マットブラック、サンドベージュ、クリアステンレス
900ml左から、マットブラック、マットレッド、クリアステンレス



山専用ボトル750mlの使用例

こちらの新しく追加された750mlを購入しました。

サーモス 山専用ボトル

750mlの使い方例

今回「サーモス山専用ボトル750ml」を、

・ミニカップ麺3個(160ml×3個=480ml)
・煎茶1杯(100ml)
・尾西のごはん1袋(160ml)

に使いました。

・カップヌードルは子供はミニサイズでちょうどよかったです。

サーモス 山専用ボトル

飲み物はドリップコーヒーと迷いましたが、今回はスティックタイプの煎茶にしました。粉末タイプはゴミが少なくて便利ですね。(必要なお湯の量、ドリップコーヒー約140ml、スティックタイプ約100ml)

山専ボトル 使用例

こちらは「尾西の白米」で、お湯を入れるだけで(水でも作れます)美味しい白米が食べれます。今回は、家の非常食として保管してあるものを持ってきました。

ふりかけも忘れず持ってきました。

家を出発して3時間ほど経過してから昼食でしたが、熱々のカップ麺を食べることができました。



サーモス「山専用ボトル」750mlの感想・まとめ

今回紹介したサーモス山専用ボトル「マットブラック」「サンドベージュ」は、いかにもステンレス水筒と言った感じがなく、マットなデザインがとてもおしゃれだなあと思い、どちらにしようか迷いましたが、「マットブラック」にしました。

容量は、500mlと900mlの間の「750ml」が追加で発売されました。1人で使用するには、「カップ麺300mlとコーヒ2杯」といった感じで750mlはとても使い勝手がいいと思います。

少し残念だったのは、口が小さいので、洗った後中が乾きにくいことです!

サーモス 山専用ボトル

これ以外は残念なところなしの優れものボトルです!

保冷効果もあるので、夏のハイキングにも役立ちそうです!!!