『神戸どうぶつ王国に行ってきました』動物が近すぎる!

寝るカンガルー




神戸どうぶつ王国に行ってきました。

もともと、「神戸花鳥園」として、花と鳥とのふれあいを基本としたテーマパークでしたが、平成26年に「神戸どうぶつ王国」としてリニューアルオープンしました。

正直、以前の神戸花鳥園は、人気がありませんでした。。。

しかし、リニューアルオープン後は、すごく人気があり、私も年に数回行くようになりました。

神戸動物王国の魅力は、やはり「動物とのふれあい」です!

こんなに目の前に動物がいて、ふれあえる施設を私はほかに知りません!

なので、今回は「神戸どうぶつ王国」を紹介します!

神戸動物王国の場所は、ポートアイランドの南端になります。

もう少しで神戸空港ですね。

神戸どうぶつ王国への行き方は、車、電車、飛行機どれでも便利です。

車で行く場合の駐車料金は、1日500円で、1000台停められます。

私たちは、三宮からポートライナーに乗って行きました。

お得情報として、ポートライナーの駅の左手にインフォメーションがあります。

ポートライナーインフォメーション

ここに、「神戸どうぶつ王国」の入国券と、ポートライナーの往復乗車券がついた「神戸どうぶつ王国・ポートライナーセット券」を売っています。

神戸どうぶつ王国・ポートライナーセット券案内

神戸どうぶつ王国・ポートライナーセット券

【大人】1,800円(通常の入園料1,800円+運賃560円=2,360円)

【小児】1,000円(通常の入園料1,000円+運賃280円=1,280円)

【シルバー】1,300円(通常の入園料1,300円+運賃560円=1,860円)
※シルバー券は満65歳以上の方がご利用いただけます。
なお、どうぶつ王国入国時に年齢が証明できるもの(運転免許証など)のご提示を願います。

【幼児のお客様について】
幼児のお客様(4・5歳、未就学の6歳)につきましては、ポートライナー乗車代金が無料となるため、セット券の発売を行っておりません。

なんと、通常の入園料の金額を支払えば、ポートライナー分が無料になります。

やはり人気で、この日もインフォメーションに3組ほど並んでいましたが、皆様このセット券を購入されていました。

神戸どうぶつ王国・ポートライナーセット券

そして、ポートライナーへ。

ポートライナーは、運転手の方がいない自動運転になっていますので、先頭の席は自分で運転している気分で気持ちがいいですよ。

ここで、注意が!!!

三宮からは、同じ線で北埠頭行きと神戸空港行きの2つの電車があります。

必ず、神戸空港行きに乗って下さい。

そうしないと、どうぶつ王国最寄りの「京コンピュータ前駅」を通らず、また三宮に戻ってしまいます。実際、私たちはしてしまいました。。。

インフォメーションのお姉さんが「神戸空港行きに乗ってくださいね」と言ってもらったにもかかわらず 😳

京コンピュータ前駅の出口を出たら、すぐに、どうぶつ王国があります。

この日は、10時15分頃(開園10時)に着きましたが、すでに長い行列ができていました。

しかし、ここでもポートライナーとのセット券が役立ちます。

実は、行列は入場券を持っていない方が、購入のため並んでいるので、入場券を持っている人は、すぐに入れます。

娘は5歳のため、セット券を購入していませんが、事前にコンビニで前売り券を購入していました。

しかも、大人は100円、子供は50円割引になります

車で行く方は、コンビニの前売り券を購入されるといいですね。

以前は、どうぶつ王国で入場券購入時にネットのクーポンを提示していたのですが、並ばないといけないので、最近は前売り券を購入しています。

クーポンも前売り券も割引は同じでしたので。

コンビニの前売入園券

大人(中学生以上) 1,700円(通常の入園料1,800円)

小学生 950円(通常の入園料1,000円)

幼児(4歳・5歳) 250円(通常の入園料300円)

シルバー(満65歳以上) 1,200円(通常の入園料1,300円)

さきほどの、ポートライナーのインフォメーションの横のサークルKにも売っています。

入ってすぐに、「ワンタッチ・ニャンタッチ」に行きました。ここでは、犬や猫とふれあうことができます。

娘のお気に入りで、空いているうちに行っておこうと思ったからです。

しかし、10時30分からですがすでに行列ができていました。

ワンタッチ・ニャンタッチ

この日は休日ということもあり、10分の時間制となっていました。なんとか、2回目に入ることができました。

中には、ネコエリアとイヌエリアに分かれていました。

ニャンタッチ ワンタッチ

次は、「ピョンタッチ広場」(うさぎ、モルモットとふれあえる広場)に行きました。

この日は、時間制限はありませんでしたが、GWに行ったときは時間制限がありました。

ピョンタッチ うさぎ



モルモット

開園したところなのか、うさぎは眠そうでした。

エサやりの時間になり、100円でエサ(にんじん)を買って、うさぎにあげると、動き回るようになりました。

その後は、鳥を見たり・・・

鳥

さるがいたり・・・

さる

カモにエサをやったり・・・(また、100円・・・)

カモ

しているうちに、お昼ごはんの時間になりました。

どうぶつ王国には、いろいろなレストランがあって、おいしそうなのですが、持ち込みOKなので、私たちは、お弁当を持っていくことが多いです。

私たちはいつも2階で食べています。奥にあり、あまり知られていないのか、2階が広くて空いていますのでオススメです

2階席

お昼の時間ですが、テーブル席がまだ空いています。

テーブル席

子供用の席も用意があります。

子供用の席 子供用の席

お昼ごはんを食べ終えたら、12時30分から始まる「ドッグパフォーマンスショー」の時間になりました。

シープドッグパフォーマンスとフリスビードッグパフォーマンスの2本立てになります。

やはり、フリスピーの方が盛り上がりますね。

フリスピードッグショー

ドッグショーが終わったあと、同じ屋外(アウトサイドパーク)にある「カンガルーファーム」に行きました。

カンガルーファーム

ここで衝撃なのは、カンガルー子鹿が目の前にいることです。

子鹿

カンガルーのエサは100円です。

カンガルー

写真では、柵が見えますが、結構広いすきまがあります。もちろん、人間は柵を越えてはいけませんが、カンガルーたちは、すきまから柵を越えてきます。

なので、人間がいるところで寝るカンガルーもいます。

こんなに近くでカンガルーを見てさわることはできるなんて!

寝るカンガルー

屋外(アウトサイドパーク)には、アルパカペンギンもいます。

これも、手をだせばさわれる距離にいます。ただ、手をだすと、かみつかれる恐れがあるので、手はだせません。

アルパカ ペンギン

なぜか、娘が1番気に入ったのが、コイのエサやり(100円)です。

いっぱい集まるのが楽しかったようです。

コイのエサやり

となりの男の子は、エサを地面に落としてしまい、「お母さん、落ちたエサあげていい?」と聞いていました。普段、地面に落ちたおかしを食べたらダメだと言われているのでしょうね 🙂

まとめ

娘が楽しんだことを中心にまとめてみました。

他にも、色々な動物を見ました。

けれども、やっぱり娘はエサやりなどふれあえることが楽しかったようです。

時間の関係で、体験できていないことが、まだまだあるので、今度は体験して紹介したいと思います。

スポンサーリンク