株主優待 すかいらーく    年間5回外食費節約できる!

すかいらーくグループ 株主優待




ファミリーレストランは子供みんな大好き

うちは家族3人ですが、ファミリーレストランで外食となるとアルコールなしでもついつい1回の食事代3,000円以上はかかってしまいます。

外食って高いですよね。

特にお給料日前なんか現金出費したくないです。。。

しかし、この株主優待を使えば家族みんなHAPPYで節約にもなります。

それになんと言っても、食事の支度をしなくていい!主婦には最高のご褒美です。

と、このような理由から家の近くに利用できる店舗が多いので、「すかいらーくグループ」の株を購入しました。

すかいらーく株主優待の利用可能店舗は、以下の店舗です。

・ガスト
・バーミヤン
・ジョナサン
・しゃぶ葉
・夢庵
・ステーキガスト
・グラッチェガーデンズ
・藍屋
・魚屋路
・chawan
・みわみ
・ゆめあん食堂
・とんから亭
・かつ久
・から好し
・ばーみやん軒
・むさしの森珈琲
・La Ohana
・グランブッフェ
・フェスタガーデン
・パパゲーノ
・グランチャイナ
・ブッフェ エクスブルー
・トマト&オニオン
・じゅうじゅうカルビ

すかいらーく 株主優待 利用可能店舗 すかいらーく 株主優待 利用可能店舗 すかいらーく 株主優待 利用可能店舗 すかいらーく 株主優待 利用可能店舗 すかいらーく 株主優待 利用可能店舗 すかいらーく 株主優待 利用可能店舗

※ビュッフェ業態の一部店舗は対象外です。詳細はこちら
※トマト&オニオン、じゅうじゅうカルビは、2019年に導入予定の新店舗システムが稼働するまでの期間は利用できません。

お家の近くにも利用できるお店ありますでしょうか。

店舗検索はこちら

購入株数によってもらえる株主優待の金額は違ってきます。
「すかいらーくグループ」は最低100株以上購入が必要となってきます。
(株価1,949円、2018年12月現在)

保有株式数贈呈金額
(年間合計)
贈呈金額
(6月末日基準日)
贈呈金額
(12月末日基準日)
100株~299株6,000円1,000円カード×3枚
(3,000円)
1,000円カード×3枚
(3,000円)
300株~499株20,000円1,000円カード×3枚
3,000円カード×2枚
(9,000円)
1,000円カード×5枚
3,000円カード×2枚
(11,000円)
500株~999株33,000円1,000円カード×3枚
3,000円カード×4枚
(15,000円)
1,000円カード×3枚
3,000円カード×5枚
(18,000円)
1,000株~69,000円1,000円カード×3枚
5,000円カード×6枚
(33,000円)
1,000円カード×6枚
5,000円カード×6枚
(36,000円)



うちは、300株購入したので、年間20,000円分。

食事券20,000円分➗約3,500円(一回の食事)=約5回。

一年間で5回も優待で外食できます!

さらに配当金が年間約8,000円ほどあります。(2018年度の場合)

購入シュミレーションはこちら

「すかいらーく(3197)」の場合は、6月末と12月末日(株主権利確定日)に100株以上所有していれば、6月末に所有→手元に9月くらい、12月末に所有→手元に3月くらいに優待カードが届きます。

所有時期がズレると次の優待まで待たないといけないので要確認です。

株主優待 外食 すかいらーく

2018年9月発送よりこのような優待カードに変更になりました。(2018年3月発送分までは紙の500円券でした。)

レジでの会計時間短縮や持ち運びやすさを目的としてカードに変更されたようです。

トマト&オニオン、じゅうじゅうカルビでは2019年に順次利用できるようになるそうです。

この優待カードはテイクアウトでは使えますが、宅配では使えなようです。また、アプリのクーポンとも併用が可能です。
(2018年3月発送までの優待券冊子では宅配は使用可能でした。)

優待カードの有効期限は一年間です。
また、すかいらーく優待券カードは税込価格から500円単位での使用となり、お釣りはでません差額分の支払方法は、現金、クレジットカード、Tポイント、Suicaなどの電子マネーが利用可能です。ジェフグルメカードで支払えばお釣りがもらえます。優待カードとジェフグルメカードで支払えばすばらしいですね。

ちなみに使った優待券の金額分はTポイントは付与されません。

外食と節約を兼ねた使い方もいいですよね!

スポンサーリンク